セーフィー紹介

防犯カメラのおすすめ録画時間と必要な機器をプロが解説します!

防犯カメラのおすすめ録画時間と必要な機器をプロが解説します!

こんにちは(^^)/
セーフィーのマーケティング担当、宮本です。

今回は防犯カメラの録画時間についてと、録画に必要な機材やコストについてご説明します。

映像を7日、30日、60日間録画する際の、「オススメ設置場所」も紹介しています。

これから防犯カメラを設置・増設する際に参考になればと思いますので、ぜひご覧ください。

目次

1.防犯カメラの録画時間の目安
2.防犯カメラの録画時間を左右する3つの要素
3.防犯カメラの録画時間別おすすめ設置場所
4.録画時間の長さに応じてかかるコストは?
5.まとめ

1.防犯カメラの録画時間の目安

まず、防犯カメラの録画時間の目安をご紹介します。

1-1.録画時間はHDDレコーダーの容量によって決まる

防犯カメラの録画時間は、保存するHDDレコーダーの容量によって左右されます。
一例として、30FPS/100万画素/H.264という設定で、1台の防犯カメラの映像を録画した場合の、必要なHDDレコーダーの保存容量は下記の通りです。

■7日間録画したいとき
500GB以上の容量があるHDDレコーダー

■30日間録画したいとき
2TB以上の容量があるHDDレコーダー

■60日間録画したいとき
4TB以上の容量があるHDDレコーダー

録画設定が変わると、必要な保存容量も変わってくるため、こちらはあくまでも目安となります。

1-2.HDD容量に左右されないタイプの防犯カメラ

きっちりと録画する時間を決めたい方もいらっしゃると思われます。
そんな方には、クラウド録画タイプの防犯カメラをおすすめします。
録画映像がクラウドに保存されるタイプで、好きな録画時間を選んで契約することができます。

クラウドカメラについては、別の記事で詳しく解説していますので、参照ください。

クラウド録画タイプの防犯カメラとは

2.防犯カメラの録画時間を左右する3つの要素

1章では7日間の録画を行うには、500GBの容量を持ったHDDレコーダーが必要とお伝えしました。
しかし、録画する設定や環境によって保存容量が変動し、録画時間が左右されることがあります。

録画時間が左右する要素として、下記の3点が挙げられます。

(1)FPSの設定

FPS(frames per second、エフピーエス)とは、一秒間の映像が何枚の画像で構成されているかを示す単位で、フレームレートとも呼ばれます。
数字が大きければ大きいほど動画は滑らかになり、綺麗な映像を写すことができる反面、記録するデータ量が増えます。

(2)カメラの解像度

画像を表示する際の画素の密度を示している数値です。
画像は点の集合体であり、この点の数が多ければ多いほどより美しい画像となります。
解像度が高い程、データ量が増えます。

(3)レコーダーの圧縮方式

現在主流となっている、国際規格であるH.264の録画形式か、それ以外かで2倍以上録画できる時間が変わってきます。

さらに環境要素として、「HDDレコーダーに接続するカメラ台数」によっても録画時間は変動します。
1つのHDDレコーダーに対して複数のカメラを接続すると、複数台分の録画データが保存されます。
その場合、1章で説明した録画時間よりも短くなるため、注意が必要です。

3.防犯カメラの録画時間別おすすめ設置場所

ここからは、録画時間別のおすすめ設置場所をご紹介します。

設置場所によっては、今想定されている録画時間よりも短く、もしくは長くしたほうが録画映像を振り返るときに都合がよいかもしれません。ぜひご覧ください。

3-1.録画時間別3パターンの設置場所

ここでは、録画時間が7日間、30日間、60日間の3パターンにおける、おすすめの設置場所をご紹介します。

■録画時間:7日間
おすすめ設置場所:バックヤードや店舗出入口、待合など頻繁に映像を確認する場所
スタッフの勤怠や、商品の品揃え、エントランスの混雑具合など、リアルタイムに確認を行いたい・録画は最低限でOK!というときは7日間録画がおすすめです。

■録画時間:30日間
おすすめ設置場所:店舗全景など広い範囲を撮影する場所
防犯目的でカメラを設置する場合、7日間録画の場合は、有事の際に証拠となる映像が既に消去されている可能性が高いため、安全を期した30日間録画がおすすめです。

■録画時間:60日間
おすすめ設置場所:レジや金庫など金銭が絡む場所
コード決済やカード決済など、引き落としに時間がかかる決済方法が増えてきました。そんな時でも、60日前の映像があれば問合せがあった際に振り返ることができます。
また、月ごとの清算処理の際、帳簿情報と金額が合わないまま、時間が経過して録画が消えてしまう場合も。そんな時は1カ月以上振り返ることができる60日録画プランがおすすめです。

3-2.録画時間に関するアンケート調査結果

弊社にて録画時間に関するアンケート調査を実施したところ・・・

振り返りに便利な30日間と、まずは使ってみようという方の7日間録画が人気という結果となりました。
クラウド録画カメラは、利用開始後も録画プランの変更が可能です。
「もっと長く録画したいな」「ここに設置するカメラは短い録画日数でいいな」という場合でも、安心ですね。

4.録画時間の長さに応じてかかるコストは?

最後に、録画したい時間に対して、いくらコストがかかるのか?
その一例をご紹介していきます。

それぞれ、HDDレコーダー録画タイプ、クラウド録画タイプで解説していきますので、ご自分の録画形式に合わせて確認してくださいね。

HDDレコーダー録画タイプの場合

7日間録画するために、500GBのHDDレコーダーを50,000円で購入したとします。
HDDレコーダーの寿命は3年程度となっているため、3年分にあたる36カ月利用した場合、1カ月当たりのコストは1,390円です。

クラウド録画タイプの場合

サービス会社にもよりますが、たとえば弊社セーフィーが提供するクラウド料金は、7日間録画で1ヵ月1,200円(税抜)、1ヵ月当たりのコストは税込1320円です。

若干ではあるものの、HDDレコーダー録画タイプよりも、クラウド録画タイプのほうがコスパが良い結果となりました。

HDDレコーダーの寿命問題を解決できる、また、専用モニターや複雑な配線が不要で手間を削減できる点を考慮すると、これから防犯カメラを導入する場合は、クラウド録画タイプをおすすめします。

クラウド録画タイプの防犯カメラに関しては、以下のブログ記事で詳細に解説していますので、ご覧ください。

クラウド録画タイプの防犯カメラとは

5.まとめ

ここまでお読みいただきありがとうございました。

・録画時間はHDDレコーダーの容量と、画質設定に左右される
・録画形式はHDDレコーダー録画タイプと、クラウド録画タイプの2種類がある
・2種類の録画形式に大きなコスト差は無いが、HDDレコーダーが不要なクラウド録画タイプがおすすめ
・設置場所に対して、振り返りに適切な録画時間を選択するのが一番のコスト削減に繋がる

上記をご理解いただけましたら幸いでございます。

弊社セーフィーはクラウド録画タイプを販売しております。クラウド録画タイプの録画時間に関するご質問や、導入に際してご相談がありましたらお気軽にお問合せください。

セーフィー 問い合わせ

それではまた次回(^^♪

Related Posts

Tags

個人宅での利用や、お急ぎの方はこちら

WEBで購入する

店舗・オフィスなどへの導入を
検討の方はこちら

お問い合わせ・お見積り