セーフィー紹介

【ダイジェスト】遠隔で防犯・監視・安全点検!建設現場を変えるSafie GOとオプション機能

2020.10.15

今回は、建設現場で活躍するLTE搭載クラウド型ネットワークカメラ『Safie GO(セーフィー ゴー)』をご紹介します。

インターネット回線が整備されていない野外でも、電源を供給できれば撮影ができ、PCやスマートフォン、タブレットPCから「いつでもどこでも簡単に」現場で撮影した映像を確認することが出来ます。

また、建設現場で重宝されているオプション機能についてもご紹介します。

※本内容は10/15(木)に開催しましたウェビナーのダイジェストです。

この記事の内容について

1. 「いつでもどこでも簡単に」映像を確認できるセーフィーのカメラ

2. 建設現場で活躍するセーフィーのカメラ『Safie GO』シリーズ

3. 建設現場で重宝されているオプション機能

1. 「いつでもどこでも簡単に」映像を確認できるセーフィーのカメラ

セーフィーのカメラは、1台1台インターネットに接続され、撮影した映像データはセーフィーのクラウドサーバー上にアップロードされます。

ネットワークに繋がっている、お客様のPCやスマートフォン、タブレットPCのデバイスから「いつでもどこでも簡単に」映像を確認することが出来ます。

ほかにも、作業現場の様子を本部のモニターに映したり、移動中の隙間時間に確認したりすることも可能です。

2. 建設現場で活躍するセーフィーのカメラ『Safie GO』シリーズ

Safie GOは、防水防塵仕様のルーターとLTE回線が搭載された、クラウド型ネットワークカメラです。

主な特徴として、

・LTE回線とルーターが一体型。電源をさすだけで使用可能。

・IP66防水防塵。屋外に設置可能

・コンパクトサイズ。移動が簡単

今回は、Safie GOを代表する『Safie GO180』と『Safie GO PTZ』の2種類をご紹介します。

『Safie GO180』は、180度の広角レンズが装着されており、広範囲の撮影が可能です。

マイクもついており現場の音声も収録できます。また、暗闇も撮影ができる赤外線照射機能も搭載されています。

『Safie GO PTZ』は、PTZ機能が備わっており、アプリやWebブラウザのビューアーから遠隔で画角を操作することができるため、状況に応じて撮影視点を選ぶことが可能です。

こちらも赤外線照射機能が搭載されています。

青木あすなろ建設様は、1950年に設立された建設会社です。官庁から民間のマンションまでさまざまな建築物の建設工事や、道路や鉄道などの土木工事を請け負う企業様です。

タブレットを現場スタッフ全員に配布するなど、時代のニーズに応じた新しい技術や、独自技術を活かした得意分野への進出・拡大を積極的に進めていらっしゃいます。

青木あすなろ建設様では、「現場の安全管理」にセーフィーのカメラをご利用いただいています。

カメラ導入前の台風等の自然災害発生時は、数時間ごとにスタッフが現場に赴き、安全点検を実施していました。

カメラ導入後は、スタッフが現場に赴く頻度を減らし負担を軽減減。

セーフィーのカメラを導入することで業務効率化を実現しました

また、定休日など現場にスタッフがいない時は、必要な時にPCやスマホで確認することができ、セーフィーのカメラが第三者の侵入を防ぐ抑止力にもなっています。

そして、青木あすなろ建設様では実際の建設現場以外でもセーフィーのカメラを活用されています。

例えば、学生向けの会社説明会では、学生へのアプローチ手段として、セーフィーのカメラで撮影した映像を利用してお仕事の内容を紹介されています。

参加した学生から「建設業界がこんなにデジタル化が進んでいることに驚いた」との声もあり、アピールポイントを作る機会としてセーフィーのカメラを活用いただいています。


参考情報:【事例】青木あすなろ建設様

細田建設様では複数の現場管理にご利用いただいています。

現場監督が1時間かけて現場に向かい、確認する時間はたった5分…という状況も存在していました。

セーフィーのカメラを導入しスマホやタブレット、PCを使用することで、移動時間や空き時間に現場確認することが可能になり、実際に現場に足を運ぶことなく管理が可能になりました。

現場の段取りの変更が必要な時も、セーフィーのカメラ映像を確認して現場に指示出しすることで、効率よく状況の把握ができるようになりました。

また、細田建設様では、お客様やパートナーの水道・電気会社、職人の方にも撮影した映像が見られるように設定し、それぞれの作業が終わるタイミングで現場確認をしていただいているとのこと。

映像の共有が気軽に出来るのもセーフィーのカメラならではの魅力です。

参考情報:【事例】細田建設様

3. 建設現場で重宝されているオプション機能

建設現場で重宝されているオプション機能のご紹介です。

「オートタイムラプス」は録画データを自動でタイムラプス動画として保存するサービスです。

特定の曜日、時間帯を設定し480〜1,440倍の再生速度で自動保存ができ、設定した曜日・時間帯の映像を1分の動画にするなど、長時間の変化を早送りのように表現できるタイムラプス映像を自動で作成する機能です。

「オートタイムラプス」を使用することで8時間の映像を20秒の映像にすることも可能で、青木あすなろ建設様でも活用いただいています。

「オートスナップショット」は指定した曜日・時間帯に自動的にスナップショットを撮影するサービスです。

最大5,000枚まで、スナップショットをクラウド上に保存することが可能で、画像で定点記録を残し現場の作業員の書類作成時間を削減。

業務効率化に繋げることが可能です。

今回は建設現場で活躍する屋外型クラウドネットワークカメラ『Safie GO』についてご紹介しました。

他にもセーフィーでは、クラウド録画カメラシェアNo.1(※1)に裏付けされた、お客様の導入事例をご用意しております。

詳しくは、資料ダウンロードページからお問い合わせください。

また、「映像でこんな課題を解決したお客様の事例ありませんか?」など、少しでも気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

セーフィーではウェビナーを定期開催しています。お客様に役立つ情報をお客様の事例と共にご提供しています。

少しでも興味がありましたら、お気軽にご参加ください。皆様のご参加をお待ちしております。

(※1)テクノ・システム・リサーチ社調べ「ネットワークカメラのクラウド録画サービス市場調査」より

Related Posts

Tags

個人宅での利用や、お急ぎの方はこちら

WEBで購入する

店舗・オフィスなどへの導入を
検討の方はこちら

お問い合わせ・お見積り