お知らせ広報より

クラウド録画のセーフィー、現場の課題解決を促進する映像データAPI「Safie API」の提供開始

あらゆる産業の現場をDXする映像プラットフォームへ

 クラウド録画サービスシェアNo.1(※1)の「Safie(セーフィー)」を開発・運営するセーフィー株式会社(東京都品川区:代表取締役社長 佐渡島隆平、以下セーフィー)は、外部アプリケーションやソフトウェアにおいて映像データの利活用が可能になる「Safie API(エーピーアイ)」の提供を開始します。

 昨今、クラウドカメラの普及に伴い、映像データが様々な業種・業界にて現場の不を解決するために活用されてきています。

このニーズを受けて、Safie APIは様々な業界または企業様の課題に対し、映像データをより身近に便利にご利用いただき、業務改善や効率向上などにお役立ていただくことを主旨としております。

 実際、建設業界をはじめとした現場での映像データ利活用のケースや、映像による交通量調査や店舗の遠隔マネジメントなど、Safie APIの活用により様々なソリューションが生まれてきており、拡がりをみせてきています。

(Safie APIを使って生み出されたソリューションの一例については、下記に列挙いたします。)

 セーフィー では、今後提供するAPIを拡張していくだけでなく、幅広いパートナー様への展開を視野に準備を段階的に進め、多様なアプリケーションの展開が可能な映像プラットフォームを形成していきます。この「Safie API」を利活用した映像プラットフォームを起点とし、映像データであらゆる産業のDXが推進される世界を創造します。

■Safie APIを活用したサービス例

・フューチャースタンダード社×Safie API:映像解析AI 交通量調査サービス「SCORER Traffic Counter」

▼サービス内容
映像解析AI交通量調査サービス「SCORER Traffic Counter」と連携することで、これまで目視で実施されていた交通量調査を、人手を介さず常時観測を可能にします。

▼フューチャースタンダード社との連携について詳細

・ナレッジ・マーチャントワークス社×Safie API:店舗マネジメントツール「はたLuck®」

▼サービス内容

店舗マネジメントツール「はたLuck®」と連携することで、クラウドカメラを活用したリモートマネジメントが可能になります。こうしたマネジメント機会の増加により、業務効率化だけでなく、人材能力開発やモチベーション向上を実現します。

▼ナレッジ・マーチャントワークス社との連携について詳細

■Safie API サイトについて

Safie APIに関する情報をまとめたサイトです。

Safie Developers(β)URL


ttps://developers.safie.link/

(※1)テクノ・システム・リサーチ社調べ「ネットワークカメラのクラウド録画サービス市場調査」より

Related Posts

Tags

個人宅での利用や、お急ぎの方はこちら

WEBで購入する

店舗・オフィスなどへの導入を
検討の方はこちら

お問い合わせ・お見積り