防犯カメラ豆知識

コンセントいらず!LANケーブルだけで給電できるPoEって一体なに!?

本記事ではクラウド録画型防犯カメラのさらなる活用には欠かせない
「PoE(ピーオーイー)」と、その利点についてご紹介します!

■こんな方におすすめ

・防犯カメラの設置を検討しているが電源供給に疑問を感じている方
・複数のフロアにまたがってのカメラ設置を検討している方
・カメラ仕様にPoEとよく書かれているけど何のこと?と疑問に思っている方
・配線をきれいにしたいとお考えの方

目次
1.「PoE(ピーオーイー)」ってどんなもの?
2.どんな配線になるの?
3.お悩み一挙解決、PoE活用術!
4.まとめ

1. 「PoE(ピーオーイー)」ってどんなもの?

「防犯カメラの設置をしたいけど、近くに電源がない
「おしゃれなお店なので配線をきれいにしたい

防犯カメラの設置を検討されている方の中には、上記のようにお考えの方が多数いらっしゃいます。
カメラには電源供給も必要ですし、カメラ映像を遠隔で見られるようにするには、インターネットに繋げる必要があります。電源と通信の供給、この2つを一気に可能にするものがあります。

それが PoE(ピーオーイー)です!

PoEとは、Power over Ethernet(パワーオブイーサネット)の略で、パソコンや防犯カメラなどの機器にLANケーブルを通して電力を供給する方法です。

PoEハブという機器とLANケーブルを使い、パソコンや防犯カメラなどの機器に接続をすると、電源とインターネット通信の両方を供給することができます。

※PoEハブ
カメラ1台の場合はハブではなく、カメラ1台用のPoEインジェクタを利用

※画像はPoEハブ 4ポート

画像のPoEハブはカメラ4台用のものですが、カメラ1台用や、8台・16台までのハブなど、設置するカメラの台数に合わせて適したハブをお選びいただけます。

2. どんな配線になるの?

PoEとは、LANケーブルを使用して電力の供給ができる技術です。
LANケーブルの接続だけで、パソコンや防犯カメラなどさまざまな機器に給電をすることが可能となります。特別な設定は必要ありません。物理的に接続をすれば給電ができるので、非常に簡単です。

PoEがどのようなものなのかはご理解いただけたかと思います。
では、防犯カメラの設置を行う際、配線はどのようにするのでしょうか。

まず、事務所やレジに設置しているルーターに、PoEハブをLANケーブルで接続します。そしてPoEハブの先に、インターネット接続をしたい機器(カメラ)に繋ぎます。
このように配線することで、LANケーブル1本で、カメラに対して電源とインターネットの通信の供給が可能となります!

3. お悩み一挙解決、PoE活用術!

LANケーブル1本でインターネットへの接続だけでなく、電源供給もできるので、電源ケーブルは接続不要で、配線が1本できれいになります。かつ、Wi-Fi接続ではないので安定した通信で機器を利用できます。

では、実際の活用術をご紹介します!

■PoE活用編 その1 ~飲食店編:A店長の悩み~

(2階のバックヤードにルーターがある)

A店長「2階フロアのカメラはWi-Fi接続ができるけど、1階のレジ上のカメラはルーターが遠くてWi-Fi接続も難しいし、電源を取るのも難しいなあ・・・。」

そんな時に、PoEが活躍します!

PoEハブとLANケーブルを使い、上記のような配線でPoEが大活躍!
1階のカメラも2階のカメラも電源ケーブル無しで、それぞれ1本ずつのLANケーブルで配線ができました。

■PoE活用編 その2 ~小売り店編:B店長の悩み~

B店長「万引き防止のためにカメラをいれたいけど、売り場が広くて電源が取れないなあ」

そんな時に、PoEが活躍!

5台のカメラに対して電源コンセントを繋ぐことなく、PoEからの給電でカメラがインターネットにもつながる環境になりました!

例の図はカメラ5台ですが、10台・20台・・・のカメラ接続も可能です。
コンセントやルーターからの距離を気にせずに、複数台のカメラへの接続ができます。(ルーターからカメラの距離は100mまで)

4. まとめ

PoE給電を行うとこんなことができます!

・防犯カメラなど機器の近くにコンセントがなくても電力の供給が可能になる
・ルーターから距離が離れていても安定した通信を供給できる
・コンセントの追加が不要でコストの削減になる
・省線化ができて配線がきれい

いかがでしたでしょうか。
PoEってなに?カメラの電源や配線についての疑問解決の助けになれたら幸いです!

一般的にあまり認知されていない機器:PoEですが、カメラの導入をご検討されている方はもちろん、既にカメラをお持ちで電源コードとLANケーブルを併用している方は、PoE対応のカメラであれば、是非とも使ってみてください。

PoEについてはセーフィーのヘルプページでもご紹介しております。
PoEインジェクター/PoEハブの配線について

これからカメラの購入をお考えの方は、WEBからも購入可能です。

ご自身の環境ではWi-Fi接続が良いのか、PoE給電が良いのか疑問をお持ちの方、もっと詳しく知りたいという方はお気軽にお問い合わせください。

セーフィー 問い合わせ

また、下記の記事にて 室内用・屋外用のおすすめカメラについてご紹介しております。ぜひご覧くださいませ。

室内・屋内用おすすめ防犯カメラ3選!小型・ワイヤレス機種も紹介
【大雨にも対応!】セーフィースタッフが選ぶ屋外用おすすめ防犯カメラ2選

Related Posts

Tags

最短翌営業日に発送

WEBで購入する

5台以上の導入を
ご検討の方はこちら

お問い合わせ・お見積り